ZYX

― Real analog audio world ―

MC型カートリッジ

Top製品情報 > MC型カートリッジ > Ultimate Series > Ultimate DYNAMIC

Ultimate DYNAMIC


ultimate dynamic_1
ultimate dynamic_2

ダイナミック・カートリッジ
弊社ZYXは多くのMCカートリッジを開発してきました。しかし当Ultimate DYNAMICのごときMCカートリッジ、いわゆる本来のダイナミック・システムによるMCカートリッジは初めてのモデルとなります。
ノイマン社に代表されるカッティング・ヘッドはレコードに音声信号を刻み込むヘッド、カッティング針はスピーカのボイス・コイルのような駆動コイルと強力な磁気回路によって駆動されます。
MCカートリッジはこの固定した磁気回路とレコード信号に応じて振動するコイルの相対位置関係で発電信号を発生する丁度逆の発電形態となっています。
しかしながら従来のMCカートリッジはより高出力発電のためにコイルのボビンに、空心の非磁性材ではなく磁性材を使用するのが通例となっています。
本来のダイナミック(動電型)構成はボビンは非磁性材であるので、空心コイル型MCカートリッジは挑戦しがいのある開発アイテム。
コンポジット・カーボンという硬質、極軽量の新素材は最適なコイル・ボビン素材となり得る物。C-1000カーボン・カンチレバーと相まってまさに求めるMCカートリッジ開発が可能となりました。
Ultimate DYNAMICの再生音の凄さは筆舌に尽くすもの。音質のことを言う事さえ無意味に感じる事でしょう。

コンポジット・カーボンによるターミナル板
Ultimate seriesの開発と共に世界で初めてカーボン板によるターミナル板を開発。硬質であるばかりでなく割れる事の無い理想的な素材、何万本かのカーボン繊維が平織上に積層されて硬質な板を形成しています。
更にこのターミナル板にてカートリッジとしては初めて、ターミナル板自体をRGを通してアースに落とす事が可能となっています。従来発電コイルとアームとの間ではカートリッジ出力ラインは外来ノイズに対して無防備状態、ターミナル板を接地することにより4端子間の線間容量は激減し、外来ノイズの影響を受けにくくなります。これによりUltimateのピュアーな再生音をそのまま後段に伝送する事が可能となっています。
carbon_terminal.jpg

MCカートリッジ世界初のC-1000カーボン・カンチレバー
Utimateシリーズはカーボン・ロッドを初めてカンチレバーに使用したZYXフラグシップ・モデル。このカーボン・ロッドは5μm:径のカーボン繊維1000本を強固にコンポジットされて構成されています。名称C-1000カーボンは、内部カーボン繊維の本数を表すように独自に命名しました。
C-1000カーボン・ロッドはアルミニューム、鉄、チタンより硬く、比重は従来最も軽いカンチレバー素材とされるボロンの半分と極めて軽く固い素材。カンチレバーの等価質量の軽減と広帯域再生、過渡応答の能力で理想的な素材といえます。
更に特筆すべき特長はカンチレバーが単なる単一棒でなく、1000本のカーボン線で構成されている事に有ります。単一素材の場合、針先から入る音声信号を持った振動波が一つの個体を通して伝搬する場合、振動波が内部で反射、反復を繰り返し、発電系に到達する時は振動波は乱れた状態になっていると考えられます。C-1000カーボン・カンチレバーは1000本の平行に配置された繊維により、振動経路は1000本のラインに沿って伝達、振動は乱れる事なくストレートに発電系に伝送する事になります。
軽量、硬質そしてストレートな振動伝搬、Ultimateシリーズの音を聴くとき初めて、究極の鮮明にしてダイナミックな原音を体感できるでしょう。

二重構造ボディ
非金属ボディはカートリッジの発電作用に大切な要素、硬質なポリカーボネートによるボディの側面構造を更に二重構造として、不要な共振の発生を防止して更に強度を高めています。

超高速応答磁気回路
前項高速応答磁気回路に更に改良を加え、発生渦電流を瞬時に消散させる機構を取り入れています。まさに究極の磁気回路、色づけの無い、滑らかにして自然な音を再生します。

マイクロリッジ・スタイラス
音の入口:再生針には、100kHz再生可能な薄板状ライン・コンタクト針を使用。ビデオ・ディスク再生用スタイラスの開発と同時に開発されたマイクロリッジ針は、天然ダイアモンドを使い、その結晶軸の最も硬質な面に沿って、レコードと接する面は幅6ミクロンの板状(リッジ)に加工、高域再生能力に関与する曲率半径を常に3ミクロンに設定しています。このリッジ形状の特長は、針先が摩耗しても、曲率半径は常に3ミクロンに保たれるという事です。そしてこのような鋭利な針先であってもラージRは60ミクロンと大きく、接地面積を十分とり、適切な接触加重としています。
Ultimateシリーズは硬質、軽量なC-1000カーボン・カンチレバーを採用している為、カンチレバーの反り、捻れは皆無、それだけ針先に架かる応力の負担は軽減されます。従って針先の寿命試験にても実証されているように、Ultimateシリーズのマイクロリッジ針は寿命2000時間を十分保証するものです。

6N無酸素銅線発電コイル
日本某社製の6N無酸素銅線、評論家間で高い評価を得た稀少な銅線を発電コイルに採用。スムーズで色づけの無い自然な音質と共に広帯域感もある優れた銅線で音楽のジャンルを問わないオールマイティーな再生能力を持っています。



Technical Data
Type Moving Coil (Dynamic)
“REAL STEREO” Generator System
Cryogenic Treatment Temperature: -196 ℃ (-320оF)
Output Voltage 0.15mV (3.54cm/sec, 1kHz)
Frequency Response
±1dB
10 Hz - 100 kHz
20 Hz - 20 kHz
Channel Separation > 30dB 〔 1kHz 〕
Channel Balance < 0.5dB 〔 1kHz 〕
Recommended Tracking Force 2.0gm 〔 20 ゜C-25 ゜C 〕
Tracking Force Range 1.7gm - 2.5gm
Trackability >60μm /2.0gm
EQ Compliancehorizontal
 vertical
15×10-6cm/dyne
12×10-6cm/dyne
Internal Impedance 12 Ω
Load Impedance > 100Ω
Coil Wire 6N OFC Crystal Copperφ0.035mm
Cantilever Material C-1000 Composite Carbon φ0.30mm
Stylus Micro-Ridge Solid Diamond□0.1mm
Contact Radius, Life Time 3μm×60μm, 2000Hour/2.0gm
Output Terminals φ1.25mm K18 Solid Gold 〔EIA〕
Terminal Board Composite Carbon Plate
Dimensions 16.8mm(W)×19.0mm(L)×16.5mm(H)
Net Weight 6.8gm(TB2 pre-mounted), 8.0gm(SB2)

Top製品情報 > MC型カートリッジ > Ultimate Series > Ultimate DYANMIC